2013年10月23日水曜日

【ゴールの幅を覚えよう】

こんにちは!!庄子コーチです。
今回は、ゴールの幅について紹介します。

みんなは、右から左のゴールポストまで、
サイドステップで何歩でいけますか?
コーチは、6歩でいけます。

どうしてコーチが、こんな事を聞いたかと言うと、
みんなに、ゴールの幅を覚えてほしいからです!

常に、ゴールの「高さ」や「幅」、
自分の身長で、どこまでなら「ジャンプして届く」のか、

・・・などなど、
いろいろな事を考えながらプレーをして、
自分が守るゴールの大きさをしっかり知っておきましょう!


ゴールの幅を覚えるためには・・・
初は、ポストを、見ながら移動してみてください。

◇ ゴールの幅を覚えることで、
  ゴールの大きさを覚えることが出来ます。
  
◇ そして、ゴールの大きさを覚えることで、
  感覚が身につき、ゴールを守ることが出来るようになります。

◇ 慣れてくれば、ポストをみなくても、移動することができ、
  移動しているときでも、自分が今、
  ゴールのどこら辺にいるのか、わかるようになります。

いいことばかりですね!

サイドステップは、GKにとって基本です!
サイドステップは、1人でも練習出来るので、
時間がある時にやってみましょう!!

【TRメニューの紹介】

     

ボールは2人で1球。 
向かい合い、バスケットのチェストパス(胸の高さでボールをパス)をしながら、
サイドステップをして往復します。(5往復)

◆ 最初は、ゆっくり、慣れてきたら、
  少しずつスピードを上げていきましょう!

◆ サイドステップの足の幅は、
  常に同じ幅になるように意識してみましょう!

◆ 行きと帰りでは、サイドステップの歩数が
  同じになるようにやってみましょう!

◆ 慣れてきたら、アンダーハンド、
  クロスステップなど、工夫してみましょう!

体を温める為のウォーミングアップにもなるので、
是非やってみてください!

2013年10月18日金曜日

【GKクリニック in 関東 レポート&開催案内】

【GKクリニック in 浦和 開催レポート】

こんにちは、西谷コーチです。


10月も関東ではGKクリニックを開催しました。

今回はクーバー・フットボールパーク武蔵浦和での開催でしたが、
当日の朝はあいにくの大雨でした。
なんとか開催時間には小雨になり、クリニックを開催することが出来ました。
気温も低く、プレーをすることが難しい環境ではありましたが、
たくさんの子供たちが参加してくれました。




雨の中で大変だったかもしれませんが、試合は雨でも開催されます。
ボールが滑りやすいピッチ状態で、どの様に技術を使うべきか、雨の日のボールはどの様に動くかを学ぶことが出来たと考えるといい機会だったのではないでしょうか。

詳しいレポートはこちらをご覧ください。


【GKクリニック in 八王子 開催のお知らせ】

10月の浦和に引き続き、11月は八王子富士森公園クーバー・フットボールパークでGKクリニックを開催致します。




◎日時:11/23(土) コース①:14:00~16:00 コース②:18:00~20:00
◎テーマ コース①:シュートを掴む、弾く~キャッチング&ディフレクティング~
       コース②:DFと連携する~コーチングとポジショニング~
◎対象:小学3年生~6年生

詳細はこちらをご覧ください。


みなさまのご参加、お待ちしております!!

2013年10月2日水曜日

【ポジショニングで相手と駆け引きをしよう!!】

こんにちは!!西谷コーチです。

だいぶ気温も下がってきて、サッカーに取り組みやすい季節になりましたね。
ただ、この季節は夏の疲れが出てくる時期です。体調管理に気をつけながら、練習を頑張りましょう!!

さて、今回は「ポジショニングで相手と駆け引きする」です。

相手にシュートを打たれる時に、
より有利になるように相手と駆け引きすることが大切になります。

今回、キーポイントとなる場面は、
「相手がシュートを打つ(インパクト)前、ボールを観た時」です。

この場面をより有利な状況にする為に、
「前進して、コースを狭める」ことが必要になります。

具体的にどの様に動くか、写真を観ながら解説して行きます。


①相手がドリブルしながら、GKの位置を確認している




この時は、相手のプレーに対応出来る様に基本のポジションで準備しておきます。


②相手がシュートを打つ為に、ボールを観る(ヘッドダウン)



この瞬間が、動き出す合図!!少しでも前にポジションを取ろう!!
相手がボールを観てから、ボールを蹴る直前(インパクトの直前)、1~2歩移動しよう!!


③シュートを蹴る瞬間は、止まって構える



相手がボールを蹴る瞬間は「セット」の状態でシュートに対応しよう!! 
コースが狭くなった分、ステップワークで届く範囲内にシュートが来る可能性があるので、なるべく正面でキャッチする事を心がけよう。


この様なポジションを取ることが出来れば、シュートストップの際に有利になります。


ただ、相手がボールを観たとしても、「キックフェイントやパス、ドリブル」の可能性もあります。相手のフェイントに引っかかってしまうと、ゴールを奪われる危険があります。普段のトレーニングから「相手が何を考えてプレーしているか」を意識して取り組んで、駆け引き上手なGKになろう!!