2013年9月25日水曜日

【GKのルールについて】 ~Vo.2~

GKプロジェクトの篠崎コーチです♪


少し間があいてしまいましたが今回GKのルールについて紹介していきます。

前回のバックパスルールに続き今回はGKがボールを手で扱うことに関してのルールを再確認しましょう。


<6秒ルール>

 GKがボールを手で保持し、リリース可能な状態になってから6秒以内にボールをリリースしない場合には、相手側チームに間接FKが与えられます。

これには、GKが手以外でボールをキープしている、例えばドリブルの時間などは含まれません。

ただし、この場合でもGKがペナルティエリア内で時間稼ぎをしていると審判が判断した場合には、
遅延行為として警告が与えられる場合があります。


〈一度離したボールについてのルール〉


 次のプレーに移ろうとドリブルをしていて、相手選手がプレッシャーをかけてきたので、ボールを取られないようにもう一度手でボールを保持すると反則になり、相手側に間接FKが与えられます。

相手から飛んできたボール足でトラップしてから手でキャッチすることはできます

また、時々GKでボールを手でバウンドさせているシーンを目にすることがありますが、これは反則にはなりません。
競技規則に『キーパーがボールを弾ませる行為は、保持しているボールを離したとはみなされない』と明記されています。



今回紹介したルールでもわかるようにGKにはボールを手で扱う技術だけではなく、足で扱う技術も求められています。
守備面でも攻撃面(キック、スローイン)でもGKは確実にプレーしなければいけません。

どんな場面でも平常心でプレーできるよう、メンタル(精神的)の成長も重要です。
どんどん練習をし、技術と共に自信をつけることがとても大切です。