2013年5月30日木曜日

【GKクリニック開催案内】

こんにちは、坂井コーチです。
4月に進級があり、学年が1つ上がりましたね。

『今までGKとしてプレーしてきて、更に活躍できるように技術を向上させたい』
『4月からGKとしてプレーする機会が増えたけど、基本的な技術が分からない』
『急にGKを任されたらどうしよう・・・。』

そんなことを考えていませんか?
GK出身のコーチ達によるGK専門のトレーニングで、
そんな気持ちに応える「GKクリニック」の紹介をします。

=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/==/=/=/=/=/=

 GKクリニック @ 横浜ゆめが丘 

■日 時■ 6月8日(土) コース①14:00~16:00 コース②18:00~20:00
■場 所■ クーバー・フットボールパーク横浜ゆめが丘
■テーマ■ コース①「ポジショニング~フットワーク&シュートストップ」
         コース②「攻撃の起点となる~キャッチング&パス~」
■対 象■ 小学校3年生~6年生

詳細はコチラをご覧ください。

GKクリニック @ 浦和

■日 時■ 6月9日(日) 9:00~11:00
■場 所■ クーバー・フットボールパーク武蔵浦和
■テーマ■ 「シュートストップ~スタンディング&ダイビング」
■対 象■ 小学校3年生~6年生

こちらのコースは現在<キャンセル待ち受付中>となります!
詳細はコチラをご覧ください。

GKクリニック @ 八王子

■日 時■ 6月9日(日) 16:00~18:00
■場 所■ 八王子富士森公園クーバー・フットボールパーク
■テーマ■ 「クロスボール~キャッチング&スローイング~」
■対 象■ 小学校3年生~6年生

詳細はコチラをご覧ください。

=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/==/=/=/=/=/=

会場ごとに設定したテーマに沿って、
ステップバイステップで段階を追って丁寧に指導していきます。

GK初心者から上級者まで、各自のレベルに合わせたゴールを設定することで
誰もが向上を感じることができるイベントです。

是非お気軽にお申込ください。

2013年5月17日金曜日

【GKのプレーについて】~Vol.7~


こんにちは!
GKプロジェクトの山田コーチです!

大阪では、全日本少年サッカー大会の予選が始まっています!
各都道府県にお住まいの皆さんも、予選が始まっていたり、
もうすぐ始まったりするのではないでしょうか?

小学生年代では大きな大会です。
GKの皆さんは、ぜひ、試合に向けてこの特設サイトをご活用下さい!

今回は「セカンドリアクション~立ち上がり方 その①~
のスキルを紹介します。

試合中、相手のシュートが1回で終わるわけではありません。
ボールがまだインプレーの時は、
続けてシュートが飛んでくる可能があります。

このセカンドリアクションが遅れる事で、
失点するシーンも多く見られます。

そこで今回は、

一度ボールをセーブしたあと、


『セーブしたボールが、まだ前にある』

といった、インプレーの状態が続いている場面で
次のプレーに備えるための立ち上がり方を紹介します。

1.ダイブの反動を使う。

ダイブの勢いで自然と足、腰が少し浮きます。
その瞬間と反動を使います。

2.足を曲げる。

ダイブした方向の足を曲げ、
素早く立ち上がれるようにします。

3.腕を使う。

ダイブした方の腕を使い、地面を押して、素早く立ち上がります。
※両手は使いません。

4.セット(基本姿勢)

立ち上がった姿勢が、セットできている様に注意します。

これらのポイントを意識しながら、
流れるように素早く!立ち上がる練習をして下さい。


素早く立ち上がる事で、セカンドシュートを確実に止めよう!

チームの救世主はキミだ!!

2013年5月7日火曜日

【ゴールキーパーに必要な能力】 その1:空間認知能力


GWもゴールキーパー頑張りましたか?
丸野コーチです!

さて、今回はゴールキーパーに必要な能力である
空間認知力」について紹介したいと思います。


空間認知力とは
ゴールキーパーで言えば、クロスボールが蹴られた瞬間に、
ボールの落下地点に移動を始められるかどうか・・ということです。

空中にあるボールの位置をつかむのは非常に難しいものです。
高さスピード回転などから落下地点を推測しなければなりません。

この能力を高めておかないと、
バウンドしたボールが頭の上を越えてしまったり、
相手に先にボールを触られてしまったりして、失点するケースが出てきます。

能力を向上させるトレーニングは?
1、まずは一人で空中にあるボールを見るトレーニングから始めましょう。
  自分が投げたボールがいつ落ちてくるのか、どこに落ちてくるのかを感じましょう。
  慣れてきたら、取るタイミングで手を出しましょう。
  早すぎず遅すぎずが、成功かどうかの基準です。
  横から挟むようにするとわかりやすいかもしれないですね。
  

2、次は、2人で練習しましょう。
  パートナーが空中に投げたボールをキャッチします。
  慣れてきたら、距離を離してより高いボールにトライしましょう。
  最終的にけられたボールをキャッチできるように
  トレーニングに励みましょう。
  

3、最後は出来るだけ高い位置でジャンプして、
  手を伸ばして取れるようにしましょう。
  ジャンプのタイミング、手を伸ばすタイミング、
  ジャンプする位置など、正確さが求められます。
  

今回紹介したのは、サッカーボールを使ったトレーニングですが、
野球の外野選手が、打った瞬間に移動を始めて落下地点に入りキャッチするのと同様、
小さなボールを使ってトレーニングする事も有効だと思います。