2013年4月24日水曜日

【GKの役割について】~Vol.1~


こんにちは!!西谷コーチです。

もう新しい学年には慣れたかな?
GKについて、今年度も色々と紹介していきたいと思います!

新年度は 「ゴールキーパーの役割」 について
紹介したいと思います。

最初のゴールキーパーの役割は「コーチング」です。

「後ろの声は神の声」 と言われるように、
GKは攻撃時、守備時ともに
大きな声で」「正しいコーチング」を「良いタイミング」で、
味方に送ることは大切です。

今回は 「1v1のDFに対するコーチング」 です。

ゴール前の1v1の状況では、
ゴール正面からどちらかのサイドに追い込む
ワン・サイド・カット」を指示することが基本となります。

この時に、「右切れ、右切れ、右切れ」と、
何回もコーチングをする選手を見かけます。

しかし、同じ言葉を連呼している内にも状況は変化していますので、
1回で正確に味方に伝えることを心がけましょう。

また、指示をだす時に、
「右を切れ」、「右から行け」、「左に行かせるな」 と、
内容が同じであっても、指示の言葉が違うことで
DFが迷ってしまう事もあります。

なので、指示の時に使う言葉は
チームで統一しておいた方が良いです。

さらに、下の図の状況でGKがボールにアプローチする場合は、
キーパー!!」と声を出しましょう。(フロントダイブ:下記写真)



【フロントダイブ】

これは、DFに、

俺がボールを取るから、相手を抑えろ!!
前に出るから、ゴールをカバーしてくれ!!

といったメッセージを送る他に、相手に

ボールを奪いに行くぞ!!
「足元に飛び込むぞ!!

といった、プレッシャーをかける意味を持っています。

このように、「キーパー!!」という短い言葉の中には
様々な意味が含まれています。

また、「キーパー!!」という言葉を発するシーンは、
ピンチの状況にあることが多いので、この時は特に
「大きく」「強い口調」で声を出す必要があります。

これらは最も基本的なコーチングとなります。
そして、キーパーに必要なコーチングは、
状況やチーム戦術によって様々です。

今後も色々な状況や戦術にあわせたコーチングを
紹介していくので、ぜひチームで試してみて下さい。