2012年10月31日水曜日

【GKの怪我、対応について】 ~Vol.3~


皆さんは、「オスグッド病」について知っていますか?
オスグッド病は、成長期(小・中学生年代)で発症するケースが多いスポーツ障害です。
そこで、今回のGKの怪我、対応 Vol.3では【ひざの障害:オスグッド病】について紹介します!

*-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-*
【オスグッド病が起こるパターン】
オスグッド病はスポーツ障害の一つで、
「ヒザの下付近が痛くなる」というのが代表的な症状です。
過度にプレーし、ケアを怠ると・・・

 →モモの前の筋肉が疲れる
 →筋肉が硬くなり縮まる
 →筋肉とヒザ下の骨がくっついている部分が引っ張られる
 →骨に負担がかかり、痛くなる

人によって様々ですが、代表的な発症の原因は、下の2つです。

[1] 筋肉が疲労し硬く縮まる →ストレッチ不足
[2] オーバートレーニング →過度なトレーニング

【成長期に多い訳】
では、なぜ成長期に多いのでしょうか?
小・中学生は身長が伸びる時期です。
そして、身長が伸びるということは骨が成長するということです。
筋肉の成長より、骨の成長の方が速い場合、筋肉がより引っ張られた状態になり、
骨とくっついている部分に更に負担が掛かります。
ですから、成長期の年代に特に多いのです。

【どのように対処?】
一番は「トレーニングを休むこと」です。
そして「おかしいなぁ?」と思ったら、病院で診察を受け、治療していく事が大切になります。

専用サポーターやテーピング、ウレタン・パッドの装具療法により、
膝の負担を取り除いてあげれば、痛みがやわらぎ、また運動が出来るようになる場合も多いです。
※装具療法は必ず専門医の指示のもと行って下さい。
 [注意] 特に痛いところを揉む、叩く、強く押えるなどは絶対にしないでください。

【予防、ケア】
主にモモの前の筋肉を伸ばしてあげる事が大切になります。
予防やケアは、モモの前の筋肉【大腿四頭筋】のストレッチ体操を行うことです。

●予防のためのストレッチ体操 【痛みが出る前】 
モモの前の筋肉【大腿四頭筋】のストレッチを2つご紹介します。

[1] 

・片ヒザ立ち
・ヒザを前に突き出した足へ体重を傾ける
・前の足のカカトは地面につけたまま
・手を横に伸ばし、体のバランスを保つ

[2]

・片ヒザを曲げ、手で足を持ち上げ、カカトをお尻にくっつける
・横になって行ってもよい。

●ストレッチを行うタイミング
・練習前後に行うのは当然
・練習中や休憩時もこまめに
・無理なストレッチは行わない

*-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-*

「自分はサッカーをしているんだ。だから自分の体は大切にするんだ!」
と、言う気持ちをもち、ストレッチ体操を行う習慣をつけましょう。


*-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-**-*

皆さん、待ちに待ったゴールキーパークリニックを、

11月17日・18日に横浜・浦和・八王子で開催します!
今回も、魅力的なメニュー盛りだくさんでお待ちしています。

2012年10月17日水曜日

【用具について】~Vol.1~

みなさん、こんにちは!
今回のGKサイトでは、ゴールキーパーに必須のアイテムを
ご紹介していきたいと思います。

その用具は・・・『GKグローブ』です!
● シュートを確実に止める
● クロスボールを正確に処理する
● 味方の選手へボールを正確にフィードする、等
正確且つ確実なプレーをする為に必要なのが「GKグローブ」です。

今回、クーバー・コーチングとオフィシャルパートナー契約を結んでいる
adidas社より、グローブ紹介と「グローブの選び方」について
アドバイスを頂きました!ぜひ参考にしてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■adidas社GKグローブのご紹介■
モデル名:プレデタープロ 品番:W44062
パーム素材:EURO2012
厚さ4mmの柔らかいクッション素材を採用。
素手感覚によるキャッチングのし易さを実現。

指部分構造:シームレスタッチ
指の両側にフォームを搭載し、グローブとの一体感を強化。

手首部分:ストレッチストラップ
新型ストラップが手首を包む様にホールド。
優れたフィッティングの長時間維持につなげる。

★ この他にもいろいろな種類のグローブをご覧いただけます ★
adidas 2012GKグローブチャート
http://shop.adidas.jp/pc/special/gkchart2012.html    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『GKのプレーは、グローブを選ぶ時から始まっている。』
と、言える程に重要なことなんです。
皆さんも、この機会に 「正しいグローブの選び方」 を覚えてみてください!

■GKグローブの選び方■
①両手で必ず着用する。
  できる限り練習や試合と同じ時間帯に着用することで、
  正しいサイズを選ぶことが可能です。

②指先や手首の曲げ伸ばしを繰り返し、フィット感を確認
  指先のスペースを最小限にとどめ、且つ指を自由に動かせる大きさがベスト

③可能であればボールを使ってキャッチングやパンチングの感覚を確かめる


  
グローブはオンラインからでもご購入いただけます★

2012年10月12日金曜日

~サマーキャンプの思い出~ GKコース(兵庫丹波)


今回は、8月21日(火)~8月24日(金)にかけて開催された
クーバー・コーチング・サマーキャンプ「GKコース(兵庫丹波)」
をレポートします!

まずは、担当したコーチ紹介です!


【丸野コーチ】
兵庫丹波キャンプ、本当に楽しかったです。子供たちの真剣に取り組む姿勢は、
見ていて素晴らしかったです。2012年の夏の大きな思い出になったことでしょう!
これからもキーパー大好き!で、頑張ってください。


【山田コーチ】
兵庫丹波キャンプお疲れ様でした!
この4日間、参加者が真剣にトレーニングに取り組んでいる姿はとても素晴らしかったです。
また、ライフスキルにおいても、皆さんはお手本となる様な行動がとれていましたね!
これからの活躍を祈っています!


今回GKコースには、なんと、
兵庫県、大阪府、京都府、奈良県、香川県、
広島県、三重県、岐阜県、静岡県、神奈川県と、
10地域から15名の選手が参加してくれました。これもキャンプの醍醐味ですね!
皆、初日にしてすぐに仲良くなり、4日間大切な時間を過ごしました。


兵庫丹波キャンプでは、午前、午後と基礎となるスキルのトレーニングをし、
2日目、3日目のナイターでは実際に試合の中に入ってプレーしました。


トレーニングは、ステップバイステップで
難易度をあげながら行っていきました。




厳しいトレーニングでも諦めず、
「コーチ、もう1回蹴って!」「絶対に止める!」といったシーンも多くありました。
トレーニングを積み重ねるうちに皆さんが
たくましい選手へ成長して行く姿も見る事ができ、大変嬉しく思いました。


最終日、参加者からは、
「あともう1日一緒に居たい」「来年のキャンプで会おう」
「遠くなるけど連絡するね」という声も聞かれました。
一緒にトレーニングを積んだ仲間との絆も出来ていましたね!


皆さんその後、お元気ですか?
ぜひ、来年もクーバー・コーチング・サマーキャンプで会いましょう!
そして、皆さんの活躍を祈っています!

今後のゴールキーパーに関するイベント等は、
開催が決定次第、皆様にご案内します。お楽しみに!