2012年4月25日水曜日

【GKプロジェクト コーチ紹介】 ~Vol.5~

いよいよ最後のコーチ紹介となります!
ラストにご紹介するコーチは

『西谷コーチ』です♪

こんにちは!西谷コーチです!
東京都の足立加平校でクーバー・コーチング・サッカースクールの
サブマスターとして在籍しています。
クーバー・コーチングのGKプロジェクトには今年から参加します。
これからGKが好きな選手がもっと上手に、
GKをやった事が無い選手がGKを好きになれるように、
楽しく、一生懸命指導していこうと思っています。
宜しくお願い致します。

※ ※ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ※ ※

西谷 和祥(ニシタニ カズヨシ) 福岡県出身
1985年12月29日生まれ 26歳
クーバー・アカデミー・オブ・コーチング第13期卒業生
クーバー・コーチング・レベル2

12’04~足立加平校サブマスター

※ ※ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ※ ※

『西谷コーチへの質問』

1、GKを始めたきっかけは何ですか?

高校1年生の夏まではバレーボールをしていました。
サッカー部に入部したのは秋頃で、
怪我をした先輩ゴールキーパーの代役で試合に出場。
その試合のPK戦で負けたことが悔しくてGKを続けることにしました。

2、GKの魅力は何ですか?

何といってもシュートストップです。
特にPKは、止めればヒーローになれるので大好きです!!

3、GKは身長が高くないと出来ませんか?

そんな事はありません。私も170cmしかありませんが、
大学でも九州リーグで1年生の時からずっと出場していました。
身長のハンデはコーチングやポジショニングでカバーすることが出来ます。
もちろん、出来るだけ高く跳べるように高校生の時から練習はしていました。

4、GKとしてどんなプレーが理想ですか?

理想は、試合中にボールにあまりさわらないことです。
コーチングで味方を上手に動かし、
ポジショニングで相手にプレッシャーを与えることが大切です。
そのためには、GKはサッカーをよく知っておく必要があります。
普段からたくさん練習して、たくさん試合を見て下さい。
それから、サンフレッチェ広島の西川選手の様な
速くて低いボレーキックも理想のプレーです。
このキックが出来ると、GKが攻撃の起点となります。
GKは守るだけでなく攻撃にも参加する事が重要です。

5、GKが好きな子供達に一言

GKはとても厳しいポジションです。
試合に出ることが出来るのはチームで1人、
失点した時にはつらく、試合を決める得点を取ることもほとんどありません。
しかしその分、GKというポジションはとても重要なポジションであり、
チームの大黒柱ともいうべきポジションです。
だから皆さんには、たくさん練習して、たくさん試合をして、
GKというポジションに誇りを持ってもらいたいです。
イベントやキャンプを通して一緒に上手になりましょう!!


2012年4月17日火曜日

【GKプロジェクト コーチ紹介】 ~Vol.4~

たいへん多くの皆様に
ご観覧いただいております「コーチ紹介」!

今週もプロジェクトに関わる
コーチをご紹介してまいります!


今週のコーチは、

『篠崎コーチ』です♪

こんにちは!篠崎コーチです!
埼玉県の浦和校でクーバー・コーチングサッカースクールの
サブマスターとして在籍しています。

関東でのGKクリニックは、
みなさんの希望通りには開催できていない、
というのが現状ですが、
これから徐々に、みなさんとトレーニングできる機会を
作っていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

※ ※ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ※ ※

篠崎 友基(シノザキ トモキ) 福井県出身
1979年5月23日生まれ 32歳
クーバー・アカデミー・オブ・コーチング第12期卒業生
クーバー・コーチング・レベル2

11’04~浦和校サブマスター

GKプロジェクトの活動として、
2011年度クーバー・コーチング・サマーキャンプ(伊豆)
GKクリニック2011年度(横浜ゆめが丘・八王子・浦和)

※ ※ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ※ ※

『篠崎コーチへの質問』

1、GKを始めたきっかけはなんですか?

小学生のころはフィールドプレーヤーでした。
中学に入り体も他の人より大きかった事と、
顧問の先生の推薦もありGKに転向しました。
初めてシュートをキャッチした時の快感が病みつきになり、
どんどんGKの魅力にはまっていった事を今でも覚えています。

2、GKの魅力は何ですか?

なんといってもシュートブロック!!
相手選手の悔しそうな顔をみるのが最高です。

3、GKとしてどんなプレーヤーが理想ですか?

どんな形でも良いので、無失点で試合終了をむかえる事が理想ですね。
失点がなければチームが負ける事はないですからね。
GKは、その為に練習をして、
「技術」 「体力」 「精神力」 を磨いているのだと思います。

4、GKが好きな子ども達に一言

GKというポジションをやるにあたり、
常に心がけていた事があります。

『練習では自分が一番下手だと思い、
試合では一番上手いと思ってプレーをする』

どのポジションでも大事なことですが、
GKは特に気持ちの持ち方によって、プレーが左右されます。
ですから、技術、体力と共に精神力が向上するよう、
トレーニングに励みましょう!

キャンプや関東でのクリニックで
みなさんとトレーニング出来ることを楽しみにしています!!

2012年4月11日水曜日

【GKプロジェクト コーチ紹介】 ~Vol.3~


今週もプロジェクトに関わるコーチを
ご紹介してまいります!

今回ご紹介するコーチは

『坂井コーチ』です♪

こんにちは!坂井コーチです!

クーバー・コーチングのゴールキーパー トレーニングでは、
GKをプレーする上で必要な技術をステップバイステップで
確実に身につけられる様に指導していきます。

「楽しく!安全に!向上する!」
を、モットーとしたクリニックやキャンプで
是非、一緒にGKの楽しさを感じよう!

※ ※ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ※ ※


坂井 直亮(サカイ ナオアキ) 神奈川県出身

1981年7月26日生まれ 30歳
クーバー・アカデミー・オブ・コーチング第6期卒業生
クーバー・コーチング・レベル3
(財)日本サッカー協会公認GK-C級コーチ

05’04~ルミネ立川校サブマスター
07’04~横浜ゆめが丘校サブマスター
08’04~八王子校サブマスター
09’04~北九州校・スプラージ金隈校スクールマスター
11’05~北九州校・小倉校スクールマスター

GKプロジェクトの活動として、
クーバー・コーチング・サマーキャンプ(御殿場・伊豆)
GKクリニック(横浜ゆめが丘・八王子)
にて、指導を行ってきました。


※ ※ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ※ ※

『坂井コーチへの質問』


1、GKを始めたきっかけはなんですか?


小学校2年生の時にサッカーを始めたのですが、
GKがチームの中で1人だけユニフォームの色が違うことに魅力を感じて
GKをしてみたいなと思いました。
当時自分が所属していたチームは
身体能力の高い子がGKとしてゴールを守るという習慣があったので、
体がとても良く動く子に憧れを感じていたことも影響していたかもしれません。

2、GKをプレーする時に感じる、楽しさは何ですか?

味方の選手に指示を出して、
DFをコントロールすることに一番の楽しさを感じます。
ゴールは広く、自分1人の力だけでは守れないので、
DFに指示を出してシュートコースを狭めることでゴールを小さくできます。
味方の選手と協力をしてゴールを守れた時はGKとしての役割を果たせたと感じます。

3、GKとしてどんなプレーヤーが理想ですか?

ポジショニングが良く、安定したキャッチングができ、
さらに、パスの受け手や出し手として攻撃のビルドアップに加わることができる。
リーダーシップを発揮してチームをまとめ、
どんな状況でもチームを最後尾から支えることができる。
そして、手でボールを扱う技術はもちろん、足元の技術も高く、精神的にも強い。
そんなGKが理想です。

4、GKが好きな子ども達に一言

ステッピング、キャッチング、ダイビング、スローイング・・・
GKもフィールドプレーヤーと同様にプレーするためには多くの技術が必要です。
1つ1つの技術を正確に積み重ねていくことが
確実にゴールを守ることにつながります。
ウォーミングアップから試合を想定した練習まで、
どんな時も正確性を意識したトレーニングを心掛けてください。
キャンプやクリニックでみんなと会えることを楽しみにしています!!

2012年4月2日月曜日

【GKプロジェクト コーチ紹介】 ~Vol.2~


ブログをご覧いただいている皆様、
お待たせいたしました!

前回に引き続き
プロジェクトに関わるコーチをご紹介いたします。

『山田コーチ』です♪


こんにちは!山田コーチです!!

海外ではゴールキーパーは人気のポジション!
日本でも最近は、ゴールキーパーのポジションを希望するプレーヤーが増えてきました!

クーバー・コーチングGKプロジェクトでは、
ゴールキーパーとして、スキル向上を目指すプレーヤーはもちろん、
フィールドプレーヤーにも、ご参加いただけるイベントを開催しています!

ゴールキーパーに足元の技術が重要なのは、もちろんですが、
フィールドプレーヤーでも、
ゴールキーパーの動きやポジションが理解できれば、
ゴールキーパーの裏をかき攻略するのに役立つかもしれません。

お近くでイベント開催される時は、ぜひぜひ!ご参加下さいね!!
お待ちしています!

※ ※ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ※ ※

山田将登(ヤマダマサト) 岐阜県出身
1982年8月19日生まれ 29歳 
クーバー・アカデミー・オブ・コーチング 第6期卒業生 
クーバー・コーチング・レベル3
(財)日本サッカー協会公認GK-C級コーチ

05’04~岸和田校・住之江校サブマスター
06’04~大阪城東校・住之江校サブマスター
07’04~大阪城東校サブマスター
10’04~大阪城東校スクールマスター
11’09~関目高殿校スクールマスター

GKプロジェクトの活動としては丸野コーチと同じく、

クーバー・コーチング・サマーキャンプ
(御殿場・岡山美作・岡山佐伯・伊豆)、

スプリングキャンプ
(宮崎)、

ゴールキーパークリニック
(関西をメイン)

にて、指導しています。

※ ※ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ※ ※

『山田コーチへの質問』

1、ゴールキーパーの楽しさはなんですか?

相手とかけ引きする1v1が大好きです!!
相手が本気で点を奪いに来るのを止めた時!
そのプレーで味方チーム全体の流れを良くできた時!
キーパーとしてチームに貢献できた喜び!
そして、なんといっても、
自分のキック(パス)から得点に結びつく時!!
これも最高に嬉しいですね!!




2、キーパーを始めたきっかけはなんですか?

今でも忘れません。「ドーハの悲劇」をテレビで観ていて、「ロスタイムのあのゴールを止めていたらW杯に行けた!自分だったら止めている!
絶対に止めてみせる!」 と、思ったのがきっかけでした。
しかし、中学時代は、フィールドプレーヤーだった為、ゴールキーパーのポジションを本格的に始めたのは、高校生からです!





3、キーパーの技術を子供たちに教える時に意識している事はなんですか?

向かってきたボールやシュートを安全にキャッチできているか?
ボールをこぼさない、ゴールラインを割らないようキャッチしているか?
そして、ゴールキーパーは相手との接触や体を自ら倒すプレーも多いので、自分自身を守るプレーが出来ているか?
コーチングする際は、この3つの事を特に意識しています。
そして、この3つを行うためには、基本技術が大切です。
大切な事を守って練習すれば、出場試合数が増え、どんどん活躍して行けると思います。


4、キーパーが好きな子供たちに一言

よく、「キーパーは一番早くに練習が始まり、一番遅くに練習が終わるポジション」と言われます。
試合では、一つのミスが失点に繋がりますからね!
練習では沢山のシュートを止めて、試合ではシュートを打たせないゴールキーパーになろう!!
今年、キャンプやクリニックで一緒にトレーニングしよう!!